フロートさんの 米国株で不労所得

フロート流米国株長期投資法(通称:フロートメソッド)を広めつつ、自らは2025年にアーリーリタイアを目指すブログです

配当貴族個別銘柄+高配当ETF+BDC銘柄の組み合わせが長期投資のベストミックスだと思います

ボーイ アンド ガール boy and girl

 

 

 

こんにちは

フロートです

 

これが長期投資のベストミックスかな~と思うことをお話します。

①米国配当貴族個別銘柄群

25年以上連続増配しているので、今後も配当収入が見込めることと、増配率が高い銘柄であれば、配当金の増える速度が更にアップ。配当利回りは5%をめど。 

↓関連記事

furooto-toushi.com

②米国高配当ETF

様々な特色のETFを組み合わせることでリスクの低減を図る。配当利回り8%をめど。

↓関連記事

furooto-toushi.com

 ③米国BDC銘柄群

ARCCを柱にする。ARCCに続く大型BDC銘柄にも資金を分散する。配当利回り10%をめど。

↓関連記事

furooto-toushi.com

高配当ETFとBDC銘柄の配当金を米国配当貴族個別銘柄の買い増しに使う

       平均利回り  投資金額構成比

①配当貴族銘柄群 5%  × 55%       =2.75%

②高配当ETF群   8%  × 20%     =1.60%

③BDC群      10%  × 25%       =2.50%

 合計            100%                6.85%

上記①~③合計の平均配当利回り6.85%になります。

そして、①~③合計の年間増配率が0.4%になるように銘柄を組み合わせる。これによって10年間で全体の配当利回りを4%上昇させる。

②と③の配当金を①に投入することで、安定的な配当金と増配の恩恵を受ける。

このやり方を10年続けたら結構増えると思うんです。どうでしょう?

それではまた

 

今日紹介した方法は私の主観ですので、実際の投資に当たっては自己責任において行って下さい。

PR

さとふる