フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

2022年末時点の税引き後年間配当金は389万円くらいかな~

f:id:furooto:20201229122632j:plain

こんにちは

フロートです

今、2022年末時点の目標税引き後年間配当金を試算しているところでした。

金額は1ドル111円で計算しています。

その結果、2022年末時点の税引き後年間配当金は389万円くらいかな~というところです。

当初397万円程度と予想していましたが、8万円減額の389万円とした主な理由は・・・

鉱物銘柄のリオティント(RIO)です。

RIOの2021年の配当金は前年比145%、つまり2.5倍となりました。原因は中国の鉄鋼需要の高まりにともない、RIOの業績が好調だったことです(恒大集団問題前までは・・・)。

ところが、2022年のRIOの業績予想は売上前年比▲20%・営業利益▲33%・経常利益▲25%・当期純利益▲39%が見込まれていることから、2022年の配当金は厳しく見積もって2021年の半分まで低下すると予想しています。

それでも、2020年実績と2022年予想を比較すると売上+12%・営業利益+29%・経常利益+70%・当期純利益+40%と、決して悪くはありません。2021年はあくまでもアフターコロナ特需のような状況だったと思います。

 

2021年にRIOから受け取った税引き後年間配当金は

$1,332.06(1ドル111円で¥147,859)

これが半分となると

$666.03(1ドル111円で¥73,929)

マイナス金額は

▲$666.03(1ドル111円で▲¥73,929)

2022年の増配要因は、配当貴族等の連続増配銘柄と、2022年9月と予想されている米国の金利上昇に伴う金融銘柄(BDC銘柄含む)の増配期待です。

これでもRIOの落ち込み分をカバーできるかというと疑問符が付くので、配当利回りを上げるために、QYLD・XYLDを多く買い増ししようか、それともBDC銘柄を多く買い増ししようか思案中です。

本来なら連続増配銘柄を中心に買い増ししたいところですが、当初の395万円を達成するためには、許容範囲内で銘柄ごとの投資比率のバランスが崩れてしまうことは致し方ないとも考えています。

それでも、長期で見れば鉱物資源は希少価値が上昇していくのでRIOを手放す予定はありません。買い増しせず、投資比率2.8%(大して高くはない!)のまま様子を見ることとします。

それではまた

 

全ての月の税引き後配当金見込み額が20万円以上になりました 2021.11.28

f:id:furooto:20210111081900j:plain

こんにちは

フロートです

税引き後配当金込み額、2月だけはずっと20万円未満だったのですが、2021年11月の取引で20万円を超え、全ての月の税引き後配当金見込み額が20万円以上になりました。月別見込み額は以下のとおり。

金額は1ドルあたり111円で計算。

1月30.1万円

2月20.5万円

3月27.6万円

4月37.7万円

5月24.9万円

6月33.8万円

7月32.7万円

8月24.0万円

9月33.8万円

10月29.0万円

11月28.5万円

12月34.6万円

1か月平均29.8万円

年額358万円

30万円以上の月は6回あります。

夫婦二人暮らしなら十分生活できる金額です。3人家族でもいける可能性はあります。

2023年に1か月平均33.4万円(年額400万円)達成して完全リタイア突入。

その次の目標は

2028年の1か月平均58.3万円(年額700万円)としています。

それではまた

 

BDC銘柄のPSECから2021年11月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

BDC銘柄のプロスペクトキャピタル(PSEC)から2021年11月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

株 数 4,998株

配当金 $215.18

今月も減配無し。

毎月再投資資金を運んできてくれる頼もしい銘柄です。

投資比率は5.1%となっているので、当面買い増しは停止です。

それではまた

【16年連続増配】未来の配当貴族TXNから2021年11月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

未来の配当貴族テキサスインスツルメンツTXN)から2021年11月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

株 数 32株

配当金 $23.44

単価が高くてなかなか買い増しできていません。

2021年1月の保有開始時の持ち株数は31。

2021年11月の持ち株数は32と、1株しか増加していません。

ポートフォリオのリスク分散のためにも、積極的に買い増ししていきます。

それではまた

BDC銘柄のHTGCから2021年11月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

BDC銘柄のハーキュリーズ・テクノロジー・グロース・キャピタル(HTGC)から2021年11月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

株 数 755株

配当金 $191.43

2020年5月に、税引き後1株当たり配当金が$0.287→$0.23に減配されて以降、2020年11月から徐々に配当金が元に戻ってきておりましたが、2021年11月の配当金では、減配前の$0.287戻りました!

私の取得単価から算出した配当利回りは13.29%と超高配当!

HTGCの保有比率は1.6%とまだ買い増しできるレベルではありますが、2020年11月からマネックス証券で新規買付できなくなって以降、日本では買い付けできない銘柄となっており、私のポートフォリオでは長期放置銘柄となっています。

それではまた

 

イギリスADRのBTIから2021年11月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

イギリスADRのブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)から2021年11月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です

株 数 543株

配当金 $316.95

BTI投資比率は3.6%なので、買い増しは一時停止して、投資比率が2.5%を下回る配当貴族銘柄を買い増ししていきます。

現時点の銘柄保有数41銘柄。1銘柄当たりの上限投資比率を2.5%にすると、私のポートフォリオの中で買い増しすべき銘柄は11銘柄と、徐々に限られてきました。この11銘柄が、2022年のNISA枠で買い付ける銘柄の中心になりそうです。

今後は保有数50銘柄を目指して、引き続き増配率の高い連続増配銘柄の発掘に努めてまいります。

それではまた

【上場以来連続増配中!】BDC銘柄のMAINから保有開始後初となる2021年11月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

BDC銘柄のメインストリートキャピタル(MAIN)から、2021年10月保有開始後初となる2021年11月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

株 数 23株

配当金 $3.48

現時点の配当利回りは5.7%

直近の増配率は2.52%

2007年の上場以来、普通配当は連続増配中ということはリーマンショックで減配せずに連続増配しているということであり、40数銘柄あるBDC銘柄の中でも、唯一の存在ではないでしょうか。そうすると私の投資基準からすると「未来の配当貴族」に該当します。

コロナショック中に買っておけばよかったな~。

コロナショック中は目の前の高い配当利回りに目がくらんでMAIN以外のBDC銘柄ばっかり買ってました。

まだ持ち株数は少ないですが、BDC銘柄のARCCと一緒にコツコツ買い増ししていきます。

それではまた