フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

配当貴族銘柄VFコーポレーション(VF)から2020年12月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

 

 

 

こんにちは

フロートです

 

配当貴族銘柄VFコーポレーション(VF)から2020年12月度の配当金が入ったので発表します。

金額は税引き後です。

 

分 類 コア銘柄

株 数 159株

配当金 $56.02

連続増配 48年

配当性向 42.9%

 

連続増配48年で「配当貴族銘柄」ですが、あと2年増配すれば連増増配50年で「配当王銘柄」に格上げです。

配当性向42.9%はまだ増配余力がることを示しています。

VFはどんな企業?

アパレル、履物、バックパック、アクセサリーの設計・生産・調達・マーケティングを行う企業で、日本人にも良く知られている主要ブランドは

ザ・ノースフェイス(アウトドアアパレル)

VANS(スニーカー)

ティンバーランド(アウトドアシューズ)

ラングラージーンズ)

リー(ジーンズ)

等があり、

主要ブランドのどれかを持っている人も多いのではないかと思えるくらいブランド力が高いのではないでしょうか。 

私はザ・ノースフェイスの製品を使っています。

私の地元で人気のアウトドア専門店で購入しています。

VF保有の理由

①直近5年間の平均増配率と、コロナショック暴落による2020年4月の底値付近の取得価格$57.43から計算すると、10年後の配当利回りは16.5%になるので、10年後の配当利回り12%以上の保有条件を満たしている。

②世界的には人口増加が続くので、競合するアパレル企業との戦いに敗れなければ、売上上昇が見込める。

 

2020年12月の株価$84で直近5年間の平均増配率で10年経過した場合の配当利回りは約11%と、私の保有条件である12%を若干下回っています。

株価$78なら10年後12%になるので、$78に下がったときはどんどん買い増ししたい銘柄です。

 

それではまた