フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2024年末時点の税引後年間配当金見込み額500万円達成までの道のりを綴るブログです

RACEを全て売却してNEPの保有を開始

f:id:furooto:20201007190329j:plain

こんにちは

フロートです

値上がり益を期待して保有を開始したフェラーリ(RACE)ですが、株価の戻りが遅いな~と思っていたところに、増配率が高いネクステラエナジーパートナーズ(NEP)をみつけたので、RACEを売却してNEPの保有を開始しました。

RACEの売却益率は3%程度でした。

NEPは26年連続増配している配当貴族ネクステラエナジー(NEE)を親会社に持つ企業です。

年間配当利回りは3.5%程度で過去五年の平均増配率は15%と、10年後の配当利回りが11%を超える可能性があるので保有条件は申し分無し。唯一不安な点は2014年に上場してから連続増配年数がまだ5年しかないことですが、配当貴族NEEの子会社であることが保有の開始を後押ししました。ただし、増配年数が短いことから、当面サテライト銘柄として管理します。

また、NEPは配当月のたびに増配している珍しい銘柄でもあります。

以下はSBI証券から抜粋した事業概要です。

契約したクリーンエネルギープロジェクトを取得・管理・所有するために設立された有限責任会社である。【事業内容】NextEra Energy Operating Partners, LP (NEP OpCo)の限られたパートナーシップ持分を通じ、テキサス州およびペンシルバニア州において、風力発電および太陽光発電プロジェクトからなる契約済みの再生可能エネルギー発電資産、および天然ガスインフラ資産のポートフォリオ保有する。クリーンで契約済みの再生可能エネルギー資産のプロジェクトポートフォリオには、米国およびカナダにある約4,095メガワット(MW)の風力および太陽光発電施設が含まれる。

ネクストエラ エナジー パートナーズ(NEP)

株価は右肩上がりの傾向です。再生可能エネルギー関連はこれから伸びていくので、長期保有とします。

先日保有を開始したNJRに続いて、公益セクターはこれで2銘柄となります。今後はセクター分散も意識しつつ、増配率の高い銘柄に投資していきたいところです。

それではまた