フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2022年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

【25年連続増配】カナダADRのENBから2022年3月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

カナダADRで25年連続増配のエンブリッジ(ENB)から2022年3月度の配当金が入ったのでお知らせします。カナダの銘柄なので厳密には配当貴族とは呼ばないのですが、管理上私が勝手に配当貴族として区分しています。

金額は税引き後です。

株 数 790株

配当金 $517.89

ENBはカナダの企業で、カナダとアメリカでパイプラインを運営しています。

前年同月の持ち株数は1。保有を開始したばかりでした。

ENBは2020年1月から保有を開始した、私のポートフォリオでは保有期間が長い方の銘柄です。2020年・2021年とENBの増配を経験して、連続増配銘柄の長期保有の楽しさを実感しています。

直近の増配率は、2020年8.9%・2021年11.1%と高水準で推移しています。

投資比率4.9%。取得単価から算出した配当利回りは7.7%です。

ENBはカナダADRなのでカナダでの現地課税は15%ですが、これだけ高配当かつ増配を続けるならば、税率が高くても気にならないですね!

ENBに対する注意点は、直近の配当性向が100%を超えていることです。原因は自然エネルギーへの設備投資なので、長期で見れば配当性向が低下していくものを思われますが、最悪の場合投資資金を回収できないなら減配もしくは連続増配ストップの可能性も高まりますので、もしそうなった場合の対応を考えておきます。

それではまた