フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2022年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

【QYLDのS&P500版】高配当ETFのXYLDから2022年3月度の分配金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

高配当ETFのXYLDから2022年3月度の分配金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

口 数 174口

分配金 $62.81

QYLDを2020年6月から保有しているのに対して、XYLDは2021年11月から保有を開始したばかりです。

XYLDを保有するに至ったのは、QYLDの投資比率が10%の危険水域に達して、分散する必要があったためです。

バフェットは、「S&P500に投資せよ」と言っていますが、カバードコール戦略でもNASDAQ100よりもS&P500の方が投資対象として安定感が優れているような気がしている今日この頃です。2022年1月から続いている株価下落局面では、XYLDの株価下落率はQYLDより低いです。ハイテク株に偏ったNASDAQ100よりも、大型のバリュー株を含むS&P500の方が下落率が低いのは当然かもしれないですね。

利回りだけなら利回り11%のQYLDを取りますが、株価の下落に耐えられない人は利回り9%に落ちてもXYLDを選んだ方がいいようです。

ボラティリティが高い状況が続いていますが、こういう時こそカバードコール戦略が真価を発揮します。2022年はQYLDとXYLDが分配金を目いっぱい稼いでくれるでしょう。

それではまた