フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

配当王アルトリア(MO)から2021年1月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

 

 

 

こんにちは

フロートです

 

配当王アルトリア・グループ(MO)から2021年1月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

 

株 数 498株

配当金 $308.21

連続増配年数 51年

配当性向 83.3%

 

米国最大のタバコメーカーで、有名な銘柄はマルボロバージニアスリムやIQOSですね。

MOの投資金額は総投資金額に対して4%と上限に達しているので、4%を下回るまで買い増しは一時停止です。

配当性向は私が保有の条件としている75%以下を上回っていますが、キャッシュフローは潤沢なので減配のリスクは低いと思って 保有していながらも、タバコ産業は常に健康被害の訴訟リスクをはらんでおり、キャッシュフローがいつ悪化してもおかしくないので、高配当だからと言って過度な投資には要注意です。

今回得られた配当金で、現在の配当利回りは低い(3%以下)が、増配率が高い(年率10%以上)配当貴族銘柄の買い増しに使います。

 

それではまた