フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

【2.5%増配!】BDC銘柄のARCCから2021年10月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

こんにちは

フロートです

私が保有する40銘柄中6番目に投資比率が高いエイリスキャピタル(ARCC)から2021年10月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引後です。

株 数 1,596

配当金 $469.33

2021年第2四半期(7-9月期)の配当金を2年強ぶりに増配(税引き前$0.4→$0.41)とのことなので、第3四半期以降は元の$0.4に戻るのだと思いますが、それでも増配は素直にうれしいですね。

配当水準の傾向は、リーマンショックの影響で2009年6月に$0.35へ減配する前の配当金は$0.42だったのでリーマンショック前の水準に戻りつつあるような印象です。

2020年のコロナショックでは減配しなかったし、今後利上げが実施されれば、ARCCの貸出金利も上昇して増益が期待されるため今後も積極的に買い増ししていきます。

QYLDは分配金が不安定、YYYは減配があったりして気持ちが落ち込んだ一方、ARCCのように増配する銘柄もあったりして、様々なセクター・国の複数の銘柄へ投資する(卵を一つのカゴに盛らない)重要性を身にしみて感じます。

更に、投資比率が均等(私の場合は上限4%)になるように投資することによって、減配のダメージを増配でカバーできる可能性が高まりますね。そのためにも、配当貴族銘柄への投資も重要になってきます。

それではまた