フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

2024年完全リタイア後の目標を設定しました

f:id:furooto:20201220122557j:plain

 

こんにちは

フロートです

2024年12月31日に税引き後年間配当金400万円達成で完全リタイアを目指していますが、それ以降の数値目標を決めていませんでした。

いろいろ考えた挙げ句、

2028年12月31日に

税引き後年間配当金700万円

達成を目標とすることにしました。

700万円の根拠は、私が以前会社を経営していたときの年間所得が、さんざん税金を引かれておよそ700万円だったからです。

700万円なら十分です。

 

以下の前提条件で計算すると、2028年に税引き後年間配当金が700万円になる見込みです。

①2021年時の年間配当利回り7.4%

②2021年時の年間増配率9.6%

③年間増配率は毎年0.7ポイント上昇

④2023年から配当金の内200~250万円を生活費として使う

⑤生活費を差し引いた後の配当金を全額再投資

 

2028年目標達成の精度をより高くするために

①年間増配率10%以上の配当貴族銘柄の買い増し

②超高配当ETF(QYLD・YYY)の買い増し

③BDC銘柄の買い増し

そして

④もし暴落があれば・・・全力で買い向かう!

 

当初

「完全リタイア達成後はより分散投資を強化するために、配当貴族銘柄の代わりにHDV・SPYD・VYMの投資比率を上げる」

と宣言していましたが、2028年700万円を目標とすると、配当貴族銘柄への継続投資が必須です。

それではまた