フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2022年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

2022年5月下旬時点 日本上場企業の想定為替レートの平均は120円/ドルになっていた

こんにちは

フロートです

ブルームバーグの記事で、2022年5月下旬時点で調査した日本の上場企業の想定為替レートを見つけました。

平均は120円とのことです。

レート 企業数

110円 13社

115円 31社

120円 89社

125円 36社

130円 5社

4月に以下の記事をアップしました。

furooto-toushi.com

2022年3月よりも円安を想定している企業が増加しています。

私は株式投資管理上の想定為替レートを115円/ドルにしていますが、レート別に私の税引き後配当金見込み額を計算してみました。

115円 392万円

120円 408万円

134円 452万円

上場企業の平均値120円に合わせると408万円で、目標である400万円を達成していることになり、本記事を書いている今のレート134円に合わせると452万円。こんなに違うもんなんですね。400万円を達成したら配当金の一部を生活費として使っていく予定なので、米ドルを円転するときは為替レートが重要になってきます。現時点では400万円の目標を達成するまでは想定為替レートを115円にしておいて、目標を達成したとき(2022年9月頃か?)の為替レートを見て自分の為替レートを見直そうと考えてます。

2022年6月発表の米国CPI上昇で米国株式市場が急落。配当貴族からの配当金最大化を狙う私は、目標達成時期の前倒しになる株価の下落大歓迎!

それではまた