フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2022年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

税引き後年間配当金見込み額400万円の達成期日を前倒し

こんにちは

フロートです

現在の目標は

「税引き後年間配当金見込み額400万円達成して完全リタイア」

です。

この目標を2020年に立てたときの達成期日は2025年12月31日でした。

その後、2020年にコロナショックによる35%の暴落があり、暴落の真っただ中で割安になった銘柄を買い漁ったことで当初の2025年の目標を2024年12月31日に1年前倒しできました。2020年12月31日時点の税引き後年間配当金見込み額は300万円。

次に、2021年は利益がたっぷり乗った不要な銘柄を利益確定したことで投資資金を増やすことに成功。この資金で配当貴族銘柄を大量に買い増ししたことで2024年の目標を2022年12月31日に2年前倒しできました。2021年12月31日時点の税引き後年間配当金見込み額は360万円。

そして2022年。年明けからの株価下落により割安になった銘柄を買い込むことができ、配当金見込み額の増加ペースが増したことと、円安が進み管理上の想定為替レートを111円/ドル→115円/ドル(それでも円高!)に2022年4月から変更したため、本記事を書いている2022年7月27日時点で税引き後年間配当金見込み額は397万円に到達。あと3万円で達成。ゴールが見えてきました。ということで・・・

目標達成期日2022年12月31日

だったのを

2022年9月30日

に3か月前倒しします。

この目標を達成した後にもまだまだ目標は控えているのですが、今後の目標も2年ほど前倒しで達成していきそうです。

やっぱり暴落に買い向かうことで資産を大きく増やすことができますね!

2018年に株式投資を始めてから4年で3回あった暴落

①2018年クリスマス暴落

②2020年コロナ暴落

③2022年暴落

のうち、2020年コロナ暴落と2022年の暴落に乗れたのはラッキーでした。

乗れなかった暴落は2018年のクリスマス暴落。当時は投資を始めたばかりで暴落への対処法がわからずただ身をすくめるだけでした。

こう見ると2年に一度暴落があるように見える。とすると、2024年にも暴落があるか?

2022年9月30日の達成まで

あと65日

それではまた