フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

BDC2銘柄ARCCとTCPCから2021年4月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

 

こんにちは

フロートです

BDC2銘柄ARCCとTCPCから2021年4月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

 

ARCC 1,482株 $422.30

TCPC 760株 $163.54

 

ARCC

今回も減配無しです。

私の取得単価から算出した年間配当利回りは10.9%です。

年間の配当金は

$422.3×4回=$1,689.2

です。

1銘柄でこの金額は私にとっては結構大きいです。

TCPC

2020年10月配当分から17%減配して以降、減配無しです。

現在の1株当たり配当金が1年続いたとして私の取得単価で割ると、11.94%の年間配当利回りです。

 

BDCの個別銘柄にうまく分散投資すれば、いろんな手数料を取られるBDCの投資信託保有する必要が無いですね。

あるBDC投資信託の構成銘柄上位10銘柄を調べたら、そのうち5銘柄は私が保有している銘柄でした。

早い話、投資信託の構成銘柄と同じ個別銘柄を保有すればいいということですね。

「ダウの犬戦略」ならぬ「BDCの犬戦略」です。

 

それではまた