フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2022年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

海運銘柄SFLの保有を開始

f:id:furooto:20201007190329j:plain

こんにちは

フロートです

海運銘柄SFLコーポレーション(SFL)の保有を開始しました。

以下は、SBI証券から抜粋した事業概要です。

持株会社であり、国際的船舶の所有及び傭船会社である。【事業内容】同社は、船舶およびオフショア関連資産の所有および運営に従事して、資産の傭船、購入および売却に従事する。タンカー、バルク船、コンテナ船、オフショア資産など、約90隻の船団を保有する。石油タンカー、ケミカルタンカー、石油製品タンカーはすべて二重船体である。原油タンカー、石油製品タンカー、ケミカルタンカー、コンテナ船、自動車船、ドライバルク船、ジャッキアップ掘削装置、超深海掘削ユニット、オフショア供給船など、9種類以上の資産がある。その資産は、スエズマックスタンカーの艦隊、原油運搬船および石油/バルク/鉱石運搬船で構成される。

数値は以下の通りです。

PER9.35倍

ROE18.48%

配当性向47%

予想配当利回り8.59%

割安かつ参入障壁が高く高配当で配当余力はあるため、買い増しを進めます。

2004年からの配当実績をインベストドットコム日本版で見つけました。2004年から配当を続けているものの、配当金は不安定で、利回りは最低で1.76%。最大で32%と幅は大きいですが、平均すると、8~10%程度の利回りを期待できます。無配の年はありません。そのため、連続増配は期待せず高配当のみを追求します。

また、これまで海運銘柄を保有していなかったので、セクター分散によるリスクの低減を狙っています。

サテライト銘柄なので投資比率は1.5%を上限とします。

これにて保有銘柄数は42に増加しました。

それではまた