フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2022年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

保有する日本株は2022年増配予定

f:id:furooto:20220220152836j:plain

こんにちは

フロートです

私が保有する日本個別株は

JT(2914)投資比率1.5%・利回5.85%

三井住友FG(8316)投資比率2.6%・利回7.3%

三菱商事(8058)投資比率1.3%・利回6.48%

ソフトバンク(9434)投資比率2.4%・利回5.9%

の4銘柄です。

JTは2021年に¥153→¥140へ減配したものの、それまでは16年連続増配しており、減配は一時的なものだと判断して保有しています。

三井住友FGと三菱商事は累進配当政策をとっておりなおかつ高配当という理由で、コロナショック時の安値で買いました。

ソフトバンクは配当性向85%を目指す株主還元旺盛かつ高配当なので2018年のIPO時から保有しています。

そして、2022年増配が予定されている3銘柄は以下の通りです。増配率の右側に、増配後の利回りを記載します。

JT ¥140→¥150(増配率7.1%)6.26%

三井住友FG ¥200→¥210(増配率5.0%)7.66%

三菱商事 ¥138→¥142(増配率2.9%)6.66%

以上の通り増配となれば、ポートフォリオ配当利回り見込みは0.017ポイント上昇し、2022年末時点の年間配当利回り見込み8.0%に一歩近づきます。

現在保有する日本株4銘柄は買い増しせず長期保有で配当金をもらい続けますが、コロナショックのような暴落があれば是非買い増ししたいですね。

それではまた