フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

国民年金保険料の免除申請が承認されました2021.8.11

f:id:furooto:20200923155808j:plain

 

こんにちは

フロートです

国民年金保険料の免除申請が承認されました。これで年間40万円の出費がゼロになります。ありがたいです。

免除が承認されたのは、令和2年度の所得が少なく、住民税非課税世帯に認定されたからです。

所得が少ないと言っても、私の不動産貸し付け業での減価償却の金額が大きいために、計算上所得が少なくて住民税非課税世帯に認定されたのであって、実際には収入があるので生活は出来ています。不動産貸し付け業は長期にわたって多額の減価償却を計上できるので長期にわたって所得の押し下げと節税になるのもメリットの一つなんですよ。

私の事業(資産)ポートフォリオは①本業②株式③不動産貸し付け業に分散されていて、売上が景気に左右される①本業と、相場に左右される②株式に対して、余程のことが無い限り賃料相場が崩れない③不動産貸し付け業となっており、私の中では不動産貸し付け業は他の二つの事業のリスクを緩和してくれる安全事業(資産)です。

話しを戻して、免除申請についてですが、

2021年7月1日に免除申請しているので、1ヶ月ちょっとで審査が完了して承認されています。申請を受け付けた役所の窓口では「承認の可否は2~3ヶ月程かかります」と言われていたので、「意外に早かったな~」というのが感想です。

今年、継続審査の申し出をしたので、来年からは役所の窓口へ行かなくても審査してくれます。

免除申請が承認されると、保険料を半額納めたと見なされるので、将来受け取る年金がゼロになると言うことはありませんが、免除申請が承認されずに保険料未納だと、将来受け取る年金はゼロになるので注意が必要です。

それではまた