フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の税引後年間配当金400万円で完全リタイア達成までの道のりを綴るブログです

【携帯電話の】ソフトバンクの一部を売却2021.8.10

f:id:furooto:20201010151632j:plain

 

こんにちは

フロートです

【携帯電話の】ソフトバンク保有1,300株のうち300株を売却しました。

取得価額 ¥1,450×300株=¥435,000

売却価額 ¥1,462.7×300株=¥438,814(税引後)

売却益  ¥3,814

トントンで売却です。

ソフトバンク売却の理由

①株価の評価額が取得単価を上回ったため。

投資信託の積み立てを解除したため、日本円の配当金を投資信託の積み立て資金に使う目的が無くなった。

ソフトバンクの取得単価から算出した配当利回り5.9%・年間増配率1%では、配当金の成長スピードが遅過ぎ。米国配当貴族銘柄への投資の方が、10年単位で見ると得られる配当金が多くなる可能性が高い。

ということで、売却で得た資金は全額ドルに転換して米国株の買い増しに使います。

このソフトバンク、2018年のIPOの時に証券会社の営業から勧められるままに6,000株購入。その後、株価が取得単価を上回る度に少しずつ売却してきた銘柄です。

今後のソフトバンクの株価次第では、更に売却する可能性はあります。

それではまた