フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年の完全リタイア達成までブログを続けようと思っています

【27.3%増配!】ベストバイ(BBY)から2021年4月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

 

こんには

フロートです

 

ベストバイ(BBY)から2021年4月度の配当金が入ったのでお知らせします。

金額は税引き後です。

株 数 106株

配当金 $53.28

2021年4月度から、前年比27.3%と、すさまじい増配率となり、私の取得単価から算出した配当利回り

1.98%→2.52%

となりました。

配当投資家としてはうれしい限りです。

過去5年間の平均増配率は29%となっており、

いまの配当利回り2.52%で増配率29%が10年続いた場合の配当利回り

33.9%

増配前の配当利回り1.98%で増配率29%が10年続いた場合の配当利回り

26.6%

 

配当利回り2.52%-1.98%=0.54ポイント

10年後の配当利回り

33.9%-26.6%=7.3ポイント

配当利回りが0.54ポイント上昇しただけで

10年後の配当利回りは7.3ポイント上昇という結果になります。

これが連続増配銘柄に投資する醍醐味だと思います。

 

この銘柄は株数を以下の通り急速に増やしてきています。

2020年10月配当時→12株

2021年1月配当時→66株

2021年4月配当時→106株

BBYの買い増しを進めた理由

①17年連続増配で、リーマンショック時に減配しなかったことから、個人的に「未来の配当貴族銘柄」と位置付けている。

配当利回りが低くても増配率が高い。

③配当性向が32%と増配余力たっぷり。

 

BBY買い増しのタイミングは、株価が私の取得単価を下回ったときとしています。

最近の買い増し方針

「今」再投資の原資を稼ぐBDC銘柄や高配当ETFや、配当貴族の中でも高配当利回りで増配率が低い銘柄は投資比率が私の設定する上限に達していることと、将来の減配リスクを低減させる目的で、最近は、配当利回りが低くても増配率が10%を超える、「将来」再投資の原資を稼ぐ堅実な「配当貴族」と「未来の配当貴族」の買い増しに注力しています。

 

それではまた