フロートさんの 米国株で不労所得

米国株の配当金をひたすら再投資して複利のチカラで2025年のアーリーリタイア達成までブログを続けようと思っています

中国の石油関連銘柄を全て売却して英国鉱物関連銘柄を買い増し

f:id:furooto:20201010151632j:plain

 

 

 

こんにちは

フロートです

 

昨日の記事で、中国ADR銘柄のシノペック(SHI)を持ち株の40%を売却した事を書きましたが、今日は残り60%も売却(損切り)しました。

これによって、私が保有する石油関連銘柄は、BPとXOMとなりました。

 

10年単位で見た場合、原油の需要は頭打ちから減少に転じる可能性があるので、原油は有限な資源ではあるものの希少価値は長期的に下がり続けると見ています。

そこで、これからコモディティーで値上がりしそうなものは?

となるのですが、長期的にはインフレや世界的な人口増加に伴って、短期的にはコロナが収束した後の本格的な経済活動の再開によって価格が上昇する鉱物資源への投資が有効では無いかと思って、2020年から英国ADRのリオティント(RIO)に投資をしています。

「金だけ」とか「銀だけ」に投資するとなると、どうしても価格上下のリスクが高くなってしまうので、それならば、様々な鉱物を採掘している銘柄への投資が有効だと思って、RIOを選びました。

RIOが採掘している鉱物は、鉄鉱石・ボーキサイト(アルミの原料)・銅・ダイヤモンド・ホウ酸塩・石炭・ペレット・二酸化チタン・ウランと、希少価値の高い鉱物も含まれます。

この点がコモディティー投資としてはリスクを分散できる可能性があります。

毎年のインカムゲインを得つつ、将来的なキャピタルゲインも同時に狙える銘柄として長期で保有していく予定です。

買い増しのタイミングは株価が下がったところです。

 

それではまた