フロートさんの 米国株で不労所得

米国連続増配銘柄への配当再投資による「複利+増配」のチカラで2023年のアーリーリタイア達成までブログを続けようと思っています

PSECとWBKから2020年12月度の配当金が入りました

f:id:furooto:20200930210705j:plain

 

 

 

こんにちは

フロートです

 

2020年最後の投稿です

 

BDC銘柄のプロスペクトキャピタル(PSEC)と、オーストラリアのメガバンクであるウエストパックバンキング(WBK)から2020年12月度の配当金が入ったので発表します。

金額は税引き後です

 

PSEC 2,899株 配当金$124.77

WBK  1,391株   配当金$247.69

合 計      配当金$372.46

 

PSECは2017年9月から減配していないのがスゴイ(増配もしてないけど・・・)!

BDC銘柄の中ではARCCと同様に配当が安定しています。

 

 WBKはコロナショックによるオーストラリア政府の方針に従って貸倒引当金の積み増しのために2020年の2回の配当は無配になると聞いていました。

2020年7月配当分は予定通り無配となったのですが、2020年12月分は前年12月配当分から35%程度減配となりました。

2020年いっぱいは無配だと思っていたので、貰えたのは得した感じです。

WBKはオーストラリアADR銘柄です。

オーストラリアの現地課税はゼロ%なので、日本での課税だけで済むのがメリットです。

 

BDC銘柄のNMFCと高配当ETFのQYLDも12月配当なのですが、1月の入金になりそうなので、年内の入金は今回が最後です。

 

2020年は大変お世話になりました。

2021年もよろしくお願い申し上げます。

 

それではまた