フロートさんの 米国株で不労所得

フロート流米国株長期投資法(通称:フロートメソッド)を広めつつ、自らは2025年にアーリーリタイアを目指すブログです

FIRE(アーリーリタイア)

税引き後年間配当金がいくらの時に年間給与所得より住民・所得税率が低くなるか?

// こんにちは フロートです 今日は、税引き後年間配当金がいくらになると、同額の年間給与所得を得ている人より住民・所得税率が低くなるお話しです。 もくじ 配当金にかかる税率は20%で一定 税引き後配当金がいくらになったら給与所得より税率が低くなる…

2020年10月までの半年間に増配したフロート保有銘柄はこれ!

// こんにちは フロートです 私は、エクセルで作成した株式投資管理表で、保有している銘柄を管理しています。 この管理表の中の「1株当たり配当金」のデータを2020年5月から半年ほど更新していなかったので、インベスティング・ドットコム日本版の配当金履…

【勝手に命名!】「フロート流 米国株式長期投資法(通称:フロートメソッド)」

// こんにちは フロートです これまで私の投資方法を公開してきましたが、一言で表す言葉が無くて説明が長くなってしまっていたので、 「フロート流 米国株式長期投資法(通称:フロートメソッド)」 と勝手に命名させてもらいました。 今後はこの名称でお話…

2020年~2075年の55年間に複利と増配のチカラで配当金がどれだけ増えるかをシミュレーションした結果を公開

複利と増配のチカラを合わせると配当金が驚異的な増え方をするという記事です。実際の数値で算出してみました。 ヨロシク

【M&Aのはなし第1回】自分の会社を売却(M&A)するのも不労所得を得る方法の一つ

スポンサーリンク こんにちは フロートです 今日は、不労所得を得るための一つの方法として、M&Aのメリットをお話します。 M&Aは今が旬? 自社を売却することの売り手側にとってのメリット 創業者利益こそが最大のメリット 経営者は投資家に向いている可能性がある …

【実践】連続増配銘柄の選定方法を紹介

こんにちは フロートです 先日はFIRE(アーリーリタイア)後も不労所得を増やすなら米国連続増配銘柄の保有が必要というお話をしましたが、今日は実践編です。 連続増配銘柄(=コア銘柄)選定方法のおさらい 私がこれまで紹介してきた連続増配銘柄の選定方…

FIRE後も不労所得を増やすなら米国連続増配銘柄を選ぼう

こんにちは フロートです 今日はFIRE(=アーリーリタイア)後に欠かせない米国連続増配銘柄についてお話します。増配しなくとも、減配せずに配当を維持している銘柄を保有するだけでも一定額の配当金を継続的に受け取れるので、それはそれで良いことですが…